無償でお金ください

 無償でお金くださいって、かなり調子の良い話ではないかと思うんです。
普通なら、笑われてしまうものでしょう。
でも、無償でお金くださいって言っても笑われない関係があるようなのです。
生活が厳しかった私、ハッキリ言えば飛び付いてしまいました。

 リストラで仕事を辞め、次の仕事がなかなか決まらずかなりやばい状態でした。
そもそも働いていた会社が、中小企業。
給料が安いですから、貯金も殆んどできていない状態。
それなのに、いきなり仕事が無くなってしまったのです。
早めに次の仕事を見つけなければいけないものの、ハローワークに通っても、良い仕事が見つからない。
このままいくと、本気で無職のまま…考えると恐怖心すら覚えるように。
無償でお金くださいという気持ちになるのも、当たり前だったのです。
パパ活サイトで見つけた2人目のパパも優しい

 友人から教えてもらったんです。
パパとか、パトロンを探せと言われたのです。
パパやパトロンと聞けば、やっぱりセックスと思ってしまいました。
でも、実は無償でお金くださいと言っても良い関係だったのです。
セックスを求めない男性が、ネットの世界にはいると言うことでした。
友人も、生活に困っていたため、無償支援の男性探しをしてみたのだそうですが、出会い系を利用して見事に出会えたと言うのです。
途端に、私は明るい気分を取り戻すことができました。

 友人御用達の出会い系サイトに登録。
すぐに活動開始。
もちろん、この間もハローワーク通いを続けていました。
しばらくすると、男性からのメールが来て待ち合わせの約束になりました。
私がリストラで仕事がなくて困ってる話をしたら、お茶だけの約束を、食事に切り替えてくれたのでした。
美味しい料理を食べながら、継続した関係を作ると言ってもらった時、本気で目からうろこが落ちそうに。

 無償でお金くださいと言ったところで、笑われることのない関係を手に入れてしまったのでした。
その後、無事に再就職にも成功しました。
無償でお金くれる人
支援してくれる人